アーツカレッジヨコハマ Arts college YOKOHAMA

神奈川県認可
ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

神奈川県認可 ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

学科・コース course

ITエンジニアコース IT ENGINEER

ITの技術を基礎から学習し、目指す職種に応じた開発技術を専門的に習得する

プログラムやデータベース、ネットワークといったITの技術をモノ作りを通して基礎から学習します。そのために、入学時よりノートPC貸与と併せてRaspberryPiを1人1台配布します。その後希望する職種の開発技術を専門的に習得していきます。さらに学んだ技術をどう生かすかを身につけるために、アーツハッカソンや企業連携、プログラムコンテストへのエントリーで実践力を養います。

主な授業

プログラミング

仕事で活かせるプログラミングを、IT業界主流のプログラム言語を用いて学びます(1年次はC言語、2年次はPython)。

Webプログラミング

HTML、CSS、JavaScript、PHPを用いて、Webサービスの開発を学びます。

アプリ開発

プログラミングコンテスト入賞を目指して、アプリケーションの開発をします。

デベロップメント

Raspberry Piと各センサーを利用して、ハードウェアとソフトウェアを用いた開発を学びます。

システム開発

企業連携講座の課題として、Webシステムの開発を、実際の仕事と同じ環境で行います。

国家試験対策

各授業で身につけた高い技術力を活かして、基本情報技術者試験をはじめとした国家試験の合格を目指します。

簿記

簿記を通して経営力や分析力を養います。企業からも、ITの技術プラス簿記の知識を求められています。

目指せる職業

プログラマー
(システム)

コンピュータシステムを開発する職業。システムエンジニアが設計したシステムを、プログラムを使って開発します。

プログラマー
(Web)

ショッピングサイトやブログサービスなど、Webサイトの開発、構築をします。

システム
エンジニア

コンピュータシステムの設計から構築、保守・運用などを担う職種。IT技術とコミュニケーション能力が必要になります。

カスタマーエンジニア/
テストエンジニア

コンピュータのハードウェアを扱う職業。コンピュータ機器の設置、移設、撤去、保守点検、修理等を行います。

目指せる資格

基本情報技術者試験
(国家試験)

IT技術の全般的な知識が求められる国家試験。合格率が全国平均25%ほどの難易度が高い資格試験です。

応用情報技術者試験
(国家試験)

基本情報技術者よりも高度な知識が求められる国家資格。よりハイレベルなIT技術を身につけられる資格です。

オラクルマスター

世界シェアNo.1のデータベースである「オラクル」の管理、運用、チューニングスキルが証明されます。

Linux技術者認定試験
(LPIC)

Linuxのシステム構築や運用などのスキルを証明する資格です。

HTML5プロフェッショナル
認定試験

HTML5、CSS3、JavaScriptなどのスキルを証明する資格です。

ACHIEVEMENTS

学習の成果

就職実績

IT系企業からの求人数は1人あたり19.2社

職種でみると、システムエンジニア、プログラマーを中心に活躍をしています。業界業種でみると、今あらゆる分野の基本であるコンピューターを象徴するように、多様な業界へ進んでいます。

科の就職内定分野

■主な就職先※企業名順不同

  • (株)ジェイアールシステム・エンジニアリング
  • (株)インテックソリューションパワー
  • いすゞシステムサービス(株)
  • (株)富士通ワイエフシー
  • (株)日立情報通信エンジニアリング
  • 明治安田システム・テクノロジー(株)
  • ユニアデックス(株)
  • (株)アイネット
  • 日本企画(株)
  • (株)テクノウェア(三菱電機グループ)
  • 富士ソフト(株)
  • (株)パソナヒューマンソリューションズ
  • (株)システムスタッフ
  • (株)ツクイ
  • (株)保健科学研究所
  • 戸田フーズ(株) (丸大食品グループ)
  • (株)美装
  • (株)テクノプロ
  • エヌエスイー(株)
  • テクニカルジャパン(株)
  • 相鉄ローゼン(株)
  • ピーシーデポコーポレーション(株)
  • サンワシステムサポート(株)
  • (株)IMJモバイル
  • 旭情報サービス(株)
  • (株)ビット
  • HITOWAホールディングス(株)
  • (株)ケーエムケーワールド
  • (株)ソリューションジャパン
  • 日本情報産業(株)

在学生の作品

入学時は皆「システム開発未経験、PCの操作も不安」でした。そんな情報処理学科の学生が、在学中に制作した作品を紹介します。

※ほかにも学生たちが手がけた作品は多数あります。興味がある方は、ぜひオープンキャンパスにご参加ください。

■ アーツハッカソンで制作した作品

『お天気AIスピーカー』

例えば「明日の天気は?」と話しかけると音声認識機能により天気予報を音声とランプでお知らせします。

『フォトパネル』

スマホから送った写真をアルバムにして、スライドショー表示します。

『センサー付きごみ箱』

手を近づけるとふたが自動で開くごみ箱。
またごみの収集日も音声で知らせてくれるIoT製品。

『Webカメラ付きラジコンカー』

遠隔操作が可能なので、人が入れない場所の状況把握ができます。

『センサー感知式火災報知機』

一定の温度を超えると警報音で火災をお知らせ。カメラ付きなので、火災の状況が確認できます。

■ 卒業研究、企業連携で制作した作品

『自動運転システム』

ラジコンに搭載されたカメラで道を認識し、自動運転できるシステムを開発。

『顔認証出席管理システム』

顔認証の仕組みを使い、カメラで顔を撮影することで出席確認ができるシステム。

『無人配達受取箱』

留守のとき、ポストが代わりに品物を受け取り、再配達の手間を省く。受取主にメールでお知らせ機能がついたIoT製品。


『会話AIシステム』

コンピュータと会話を楽しもう!さまざまな会話ができるよう、ディープラーニング機能を搭載。

『CO2イート(シーオーツイート)』

人体に影響が出る、二酸化炭素含有量1300ppm以上になるとツイッターで警告してくれるIoT製品。

学生ITコンテスト2018 2年連続で2チームが入賞

一般社団法人神奈川情報サービス産業協会が主催する【学生ITコンテスト2018】に応募した2チームの作品が2次審査を通過!最終選考の結果2年連続で、2チームとも入賞になりました。今回、学生が応募した『ITプロダクツ』部門は、『世の中を面白くする、誰かが喜ぶような自由な発想・アイデアで作成したソフトウェア』をテーマに実際に制作したシステムが評価されました。資格の勉強だけでなく、実際に開発する授業が豊富にあることが、今回の結果につながりました。

■学生I Tコンテストで入賞した作品

『避難マップくん』

位置情報を取得し、避難場所などのさまざまな情報を瞬時に表示します。もちろんスマホ対応です。

『みんなの指文字』

キーボード操作が不要な指文字変換アプリです。カメラに向かって行った指文字をひらがなに変換して表示します。

TOPICS

資格取得サポート

本校では基本情報技術者(国家試験)の午前試験が免除となる特別講座を実施。この講座を受講し、修了試験に合格すると、本番の試験は午後試験のみとなり、効率的な試験対策が可能となります。
また試験に関して、希望者はもちろんのこと、一人でも多くの学生が受験するよう指導をしています。これにより、もし不合格だったとしても、次回に向けて個別に試験対策を立てることができ、高い合格率を実現しています。