アーツカレッジヨコハマ Arts college YOKOHAMA

神奈川県認可
ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

神奈川県認可 ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

学科・コース course

本校独自の教材で、ゲーム業界が求める技術が 身につく。

ゲームクリエイター学科では1年次より本格的なゲーム制作を体験。
3年間しっかりと学べば、憧れのゲーム業界が目の前に!

ゲームクリエイター学科 GAME CREATOR

求める学生像(アドミッションポリシー)

  1. ゲームが好きな人
  2. 将来ゲームクリエイターになりたいと本気で考えている人
  3. ゲームを作ることに熱中し、目標に向かって挑戦し続けられる人
  4. 仲間と協力してゲームを作りたい人

POINT.1

プロと連携して開発した教材で最先端の技術が身につく

ゲームクリエイターになるには、業界が求める最先端の知識と技術を身につける必要があります。だから本校では、ゲーム業界で活躍するクリエイターと連携して開発したオリジナルの教材を使用。例えばプログラムの場合、「シューティング」「アクション」「パズル」など様々なジャンルのゲーム制作ができます。CGデザインでは、「人のモデル」「背景」「爆発アニメーション」や「ライフゲージ」など、質の高い教材で業界レベルの力を身につけることができます。

POINT.2

チャットワークシステムによりいつでも作品指導

本校は、毎年ゲームショウやコンテストに学生が考えたオリジナルゲームを展示します。自分たちでアイディアを考えゲーム制作していると『どのようにプログラムを組めばよいか。』、『どんなデザインにしたら見栄えが良くなるのか。』先生に聞きたい質問は尽きません。そんな学生の悩みに応えるためチャットワークシステムを導入し、ゲーム制作をしています。授業では質問できなかったことをチャットワークで先生に送り早めに解決。トライ&エラーの回数を増やす仕組みがみんなを業界就職へと近づけます。

POINT.3

プロのクリエイターから直接指導企業連携講座

ゲームクリエイター学科では定期的に、個人であるいはグループで制作した作品を、プロのクリエイターにプレゼンする機会があります。そのゲームの面白さやこだわった点をアピールしたり、実際にプレイしていただき、講評やアドバイスをもらいます。ユーザー目線を知り尽くしたプロだからこそのアドバイス。貴重な意見をもとに、業界就職できる作品を作っていきます。

ARTS LEARNING METHOD

ゲームクリエイター学科のアーツラーニングメソッド

「実演」「訓練」「実践」この3つの過程を繰り返すことにより、プロとして「使える」実践的な技術を身につけることができます。

1.実演

プログラムやツールの操作を基礎から教えます。

プログラムを組んだらどんなことができるか、実際に目で確認。授業ごとに配布される本校オリジナル教材をもとに、技術の概要を理解した後、実際に使用するツールの操作方法を学びます。

2.訓練

課題、添削を繰り返し、スキルアップ。

授業の基本は2コマ形式。講師による実演のあと、学生の疑問に応えながら実技=訓練を繰り返し、1つ1つを理解します。Unity講座など専門的なプログラムも用意しています。

3.実践

様々なプログラムやイベントに挑戦!

各年次ごとにゲームを実際に制作。講師がプロの目線で評価します。さらに、コンテスト、企業連携講座など、グループワークへの参加で、実践的な技術に磨きをかけます。

ノートパソコン支援制度

プログラマーコース

プログラム力と3Dゲーム制作力の習得

ゲーム開発におけるプログラムの役割は、マシンをコントロールし、ゲーム進行を構築すること。ゲームパッドのような入力デバイスからの情報によりキャラクターに動きを与え、勝敗判定を行い、結果をディスプレイに出力する。これらを、プログラミング言語を用いて行っていきます。当コースでは、C++のプログラミング言語の基礎をしっかり学び、UnityやUnreal Engineなど、業界最新ツールでゲーム制作できる応用力を身につけ、人に喜んでもらえる面白いゲームのアルゴリズムを学んでいきます。

CGデザイナーコース

モデリング力と3Dゲーム制作力の習得

ゲームの企画書からイメージしたキャラクターを描いていくこと。それは、世の中に新たな命を吹き込むことでもあります。このコースでは3Dモデル、アニメーションといった学びの中から、ゲームを「デザインする」能力を養成。さらに、そこから改めて自分の専門分野を極めようとする人をサポートします。