アーツカレッジヨコハマ Arts college YOKOHAMA

神奈川県認可
ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

神奈川県認可 ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

就職実績 introduction

高校生マンガ・イラストコンテスト

第6回 高校生 イラストコンテスト2013
グランプリ・部門賞・佳作の合計5作品が決定しました!

グランプリ

「避暑地」

<コンセプト>

画面の上下で色調を変えて、より涼しく見えるようにしました。なるべく上の方は暖色系でまとめ、下の方は、寒色系で表現しました。

<審査員講評>

独創性に優れており、力強い作品。ただ力強いだけでなく、水の表現は繊細。影の描き方がうまいので、光が引き立っている。アングルも、あえてナナメにしたのが良い。

部門賞

キャラクターイラスト部門

「絵師 紅蓮」

<コンセプト>

アーツカレッジヨコハマのイメージカラーが赤なので赤が似合うキャラクターを作りました。大きな筆と赤いメイクがポイントです。

<審査員講評>

赤と青の色の対比がバランスよく描けている。また学校のテーマカラーを加味するところが、イラストレーターの仕事を意識している。

自由なテーマ部門

「魔法研究所」

<コンセプト>

時代は変わり、電気から魔法へとエネルギー転換したことを表現しました。明るい未来のイメージを描きました。

<審査員講評>

描写が丁寧である。またいろいろな形が面白く表現されている。何かと暗い話題がある現在、魔法の力で解決するという、明るい未来への希望がこめられている。


審査員賞

SEGA大崎賞

「狐に憑かれた少年」

<コンセプト>

奥行きを感じるためにレイヤーを多く使って、一番奥を明るくしました。また奥にいる狐は二次元、手前は三次元と描き分けました。

<審査員講評>

これだけ動物をうまく描ける人はそうはいない。また影のつけ方や、木漏れ日の表現もとてもよくできている。

ユードー南雲賞

「Wildness」

<コンセプト>

他の人はやらないと思い、影絵風にしました。また原始的で、自然的な心を物語で表現しました。

<審査員講評>

将来の不安や社会問題をうまく表現している。影絵だが、人や動物たちの表情が分かる気がするところが素晴らしい。


アーティスト辻賞

「girl umbrella」

<コンセプト>

この作品のテーマは赤・ピンク。それ以外の色は使いたくありませんでした。テーマに合わせてかわいらしい女の子と傘を描きました。

<審査員講評>

雨が降ってきたら、傘の女の子はどうなるのだろうか、傘をさすのだろうか…、と考えると、とてもユーモアがある。色使いもキレイ、おしゃれである。

デザイナー後藤賞

「散り際が美しいと、」

<コンセプト>

少女のきらめきが終わり、色気をまとい始めた女性を描きました。いろいろな要素を女性と絡めました。

<審査員講評>

最終審査でのプレゼンを通じ、絵に込められた思いが良く分かった。自分が持っているセンスをこれからも活かしてほしい。


アーツカレッジヨコハマ賞

「彩光の間」

<コンセプト>

少女と日本の風流をテーマに描きました。空白などで雰囲気を壊さないよう、隙間なく着色し、1つ1つのパーツが空間に合うよう描き上げました。

<審査員講評>

キャラがかわいらしい。また赤と緑という対比の色をうまく使って表現している。


入選作品

キャラクターイラスト部門

「宇宙描きの女の子」

「デジタルペインター」

「デジタルガール」


自由なテーマ部門

「Traveller」

「隠処」

「華」


「玉藻前」

「WORKER」

「月鏡」


「視線の先」

「その部屋の中で彼女は笑っていた。」

「Infinity dreams」


「禊」

「神様」