アーツカレッジヨコハマ Arts college YOKOHAMA

神奈川県認可
ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

神奈川県認可 ゲーム・イラスト・IT情報の専門学校

学校紹介 introduction

未来を切り拓く技術力を手に入れる!

個々の強み・特性を把握し
アナタの成長を支えます

一人ひとりを教え育てる指導法

教員が学生一人ひとりの強み・特性を把握し、個々の目標に向かって改善点を見いだす「パーソナルプロデュース」。
実践的な指導で技術力を伸ばします。

パーソナルプロデュースの流れ

PHASE 01プロになるための準備

アーツカレッジヨコハマでは、学科ごとに「理想の職業人イメージ」を決めているんだ。これは「プロフェッショナルってどんな人?」の答えとなるもの。そのイメージを現実にするために、クリアすべき 「プロになるための基準項目」を設定しているんだよ。

「理想の職業人イメージ」と、そのために必要な「プロになるための基準項目」

ゲームクリエイター学科

理想の職業人イメージ

表現力の高いかっこいいゲームを制作できる人材。ツールに関係なくゲーム業界で長く働ける基礎力を持ち、知識・技術を発揮できる人材。

プロになるための基準項目

  • プログラム、CGグラフィックのいずれかの高い専門知識と技術力を身に付けている。
  • ゲームのおもしろさを客観的に分析し、ゲームに求められる要素・機能・表現を制作することができる。
  • 他人と協力してゲーム制作がおこなえる。

ゲームクリエイター学科

デザイン学科

理想の職業人イメージ

創造力、画力、コミュニケーション力の高い人物。さまざまな画材やデジタルツールも使い、クライアントの要望に応えることができる。

プロになるための基準項目

  • 物の造形を的確にとらえるための観察力を身につけている、自分の得意分野を持つ。
  • 資料などを使用し、たくさんの情報を集めて作品制作の参考にできる。
  • 得意なスキルを伸ばすだけでなく、苦手なスキルを克服する力を身につけることができる。
  • 積極的にコンテストやイベントに参加することができる。
  • 何に使用される素材なのかを考え、クライアントの要求に即した作品制作ができる。

情報処理学科

理想の職業人イメージ

仕事に責任を持ち、顧客が満足する成果を収めることができる。専門知識や技術を自ら学び、仕事に活かすことができる。

プロになるための基準項目

  • 目標達成のために、グループ内で助け合いながら作業を行うことができる。
  • 自分の能力を理解して、グループ内での自分の役割を見つけることができる。
  • 自分の力で仕様に沿ったプログラム開発をすることができる。
  • 新たな価値を創造できる。

情報処理学科

PHASE 02強みと改善点をチェック

先生が学生一人ひとりの能力を把握するためのシステムが、学校独自の「パーソナルカルテ」だよ。
このカルテをもとに、個々の強み(基準をクリアしている項目)と改善点をチェックするんだ。自分では気付いていなかった能力の発見にもつながるかもしれないね。

パーソナルカルテ

POINT1

レーダーチャートで「強み・特性」を可視化

学生の強み・特性を「一般常識」「強み」「企画力」「活動力」「人間基本能力」「技術力」「専門知識」の7項目に分け、定期的に採点。これをもとに学生一人ひとりの強みと改善点を明確にし、設定した目標に向けて指導。次回の採点で各項目がどう成長したのかを学生と教員がともに把握し、次の指導に活かしていきます。

POINT2

在学中のあらゆる相談内容を「指導・面談記録」に入力

レーダーチャートをもとに次の目標を設定する「レベルアップ指導」をはじめ、就職活動に関する状況から日常生活に関する相談まで、その内容を入力。学生一人ひとりの現状を把握した上で、次の目標に向けて指導していきます。

PHASE 03目標の把握

プロとしての武器になる強みをさらに伸ばして、また改善点を克服するためには何をすればいいか、先生と学生が一緒になって目標を把握。たとえば右で紹介しているイラストの添削のように、スキルアップにつながる指導をしていくんだ。

個別添削システム

就職を控えた先輩たち

実際に授業を受けた生徒の声